<   2014年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
奥入瀬渓流
25日いよいよ最後の旅の日
お宿から近い十和田湖畔
デジカメをバスに置いて来たので携帯で撮りました。
今度の携帯は画素が良いみたい。
b0069630_8573156.jpg

ご存知高村光太郎作の「乙女の像」
b0069630_8582738.jpg

ブナの原生林、十和田湖 遊覧船のマンホールのデザイン(旧十和田湖町)
b0069630_920487.jpg

この日の予定は奥入瀬渓流を少し散歩して、帰路の三沢空港に向かいます。
b0069630_9362281.jpg

新緑の頃はさぞかし綺麗と思われますが、木々はまだ冬の装いでした。
b0069630_9241069.jpg


写真には撮れませんでしたが、バスから見えた水芭蕉も真っ白に咲いています。
b0069630_9282991.jpg

エンレイソウ
b0069630_9283861.jpg

b0069630_9292664.jpg

b0069630_9302965.jpg

十和田市立小学校の校庭の桜は丁度見頃
b0069630_9311693.jpg

空港でお昼を済ませて機上の人となりました。
食後眠気がグーンと襲ってきます。
b0069630_9323394.jpg

八甲田山はまだ雪の中です。
b0069630_934175.jpg

何ヶ月も前から東北の桜の開花を予想して、期待をして見に行く楽しみは
ワクワクしたものでした。
あまりお馴染みではない東北の地、ゆっくりと桜以外の観光を
日を変えて是非行ってみたいと思いました。
by tosa4351 | 2014-04-30 09:34 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
弘前城 津軽鉄道 八甲田雪の回廊
2日目は弘前城 
岩木山が何処からでも見られて青森の方にとっては大切な象徴のような山でしょうか。
b0069630_1932451.jpg

桜を期待して関西からやってきた私たちに歓迎の桜も有りましたが
b0069630_199697.jpg

22日に青森の開花宣言がなされたばかり。
通りはこんな感じ
b0069630_1911664.jpg

天守閣にたどり着く辺りの枝垂れが咲いています。
b0069630_19124986.jpg

日中は気温が上昇し始めたので、帰宅した26日のニュースでは弘前城は
五分咲きと報道されていました。
さぞかし見事なことでしょう・・・・。
b0069630_19142289.jpg

そうこうするうちにじわじわ咲いてきたかも
b0069630_19174847.jpg

b0069630_1918531.jpg

東北電力のマンホールですね。電柱を無くして地中を通してあるのかな?
b0069630_19471772.jpg


次に津軽五所川原駅に参ります。
b0069630_19493030.jpg

津軽鉄道 
電車は2両編成「走れメロス」号 土地の作家太宰治にちなんだ名前。
ガイドさんがふるさとの訛りで説明をされます。
b0069630_19225519.jpg

ダルマストーブが冬には活躍するようで、名前を冠したあんこがりんごジャムの
どら焼きが人気とか、お土産に買っていきます。
電車を芦野公園駅で降りて、桜のまだ咲いていない公園を巡り、バスに乗ります。
b0069630_19255978.jpg


八甲田雪の回廊
b0069630_19375664.jpg

b0069630_1938448.jpg

b0069630_19392286.jpg

積雪の重みで木の枝が倒されて道路側に突き出て、バスは運転に気を遣います。
雪がこんなに残っているなんて、気温がかなり低いのでしょう。
b0069630_19402844.jpg

奥入瀬渓流
b0069630_19413918.jpg

お宿に近い十和田湖
b0069630_19434936.jpg

いいお天気に恵まれて、夜には星がきらめいて見えました。
b0069630_19442691.jpg

by tosa4351 | 2014-04-29 19:45 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
北上展勝地 角館
北上展勝地
b0069630_2115620.jpg

北上川沿い2kmにわたり樹齢90年を越す500本のソメイヨシノがサクラのトンネルを
作っていました。
b0069630_2134579.jpg

背割りの桜より樹齢が倍ほど違って立派な樹に育っています。
まだ7分咲き程で、強風の吹くタイミングでも桜吹雪には未だのようです。
b0069630_2143023.jpg


昔に活躍したラッセル車の運転台の窓から
b0069630_2152538.jpg


次に角館武家屋敷に向かいました。
遠景に積雪が見られて、北の街に来たんだと感じます。
走る道路の気温表示が気になります。
b0069630_21125881.jpg

角館屋敷通り
旧町章とサクラ(仙北市の花)のデザイン。
武家屋敷通りの枝垂桜。
b0069630_2116582.jpg

角館祭りの武者絵のデザイン
b0069630_2128587.jpg

b0069630_21245286.jpg

b0069630_21281982.jpg

唯一この枝垂れが健気に咲いてくれていました。
b0069630_21281214.jpg

この通りを挟んで南に下級武士の家北に上級武士の家が配置されています。
簡素な下級武士の住まい松本家
b0069630_21335648.jpg

TVで見た石黒家を探します。

b0069630_21393536.jpg

印象的だった欄間
b0069630_21403560.jpg

隣の部屋の明かりで壁に欄間の亀が映ります。
b0069630_21434415.jpg

只今は、代々の武者人形が飾ってありました。
b0069630_21465867.jpg

御蔵
b0069630_21485172.jpg

隣は青柳家 立派な建物
b0069630_21501930.jpg

限られた時間ではとても思うように見られませんでした。
小走りで巡り、バスに急ぎます。
この日のお宿は八幡平です。
b0069630_21573368.jpg


出来たら
by tosa4351 | 2014-04-27 21:57 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
中尊寺
3年越しの念願みちのく桜街道の旅に参加しました。
2011年に社宅の友達4人でツワーに申し込んでいましたが
震災が3月11日発生したため断念しました。

申し込んだのが1月末、去年の桜の開花を参考に検討し、
関西出発4月24日の第一希望は既に満席で締め切られ
第2希望の23日に伊丹空港から飛びます。

新幹線で通過するときも空で通過するときも富士山を見ることは楽しみです。
b0069630_20544532.jpg

仙台空港からバスで高速道路を使って中尊寺に向かいます。
沿道に桜が咲いていて一安心。
b0069630_20562540.jpg

世界遺産 中尊寺金色堂
覆道(おおいどう)の中にガラスケースに収められ外気に触れないようになっています。
平安時代に初代藤原清衡が天治元年(1124年)に建立したもの。
現在は鉄筋コンクリートの覆道の中に堂は内外共に総金箔貼りで、
扉、壁、軒から縁や床面に至るまで漆塗りの上に金箔を貼って仕上げられている。
b0069630_20582185.jpg

経蔵の後ろの草むらに片栗の花
b0069630_21283317.jpg

b0069630_21291463.jpg

奥に能舞台
b0069630_21301729.jpg

b0069630_21305974.jpg

b0069630_21313250.jpg

ショウジョウバカマ
b0069630_21403633.jpg

中尊寺から下る脇道に山桜と遠景が美しい
b0069630_21433863.jpg

b0069630_21454132.jpg

次は川上展勝地です。
by tosa4351 | 2014-04-26 21:52 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
行く春山里
うちから北の山にお花畑の為におうちを作った方が居て
日頃のお住まいは市外で週末にいらっしゃるようです。
お庭を見せて頂きました。
b0069630_13124238.jpg


紫華鬘(むらさきけまん)
b0069630_13234582.jpg



芝桜 イベリス
b0069630_1324587.jpg



花大根 (はなだいこん)
b0069630_13244558.jpg




チューリップ
b0069630_1336269.jpg



レンギョウ
b0069630_13462499.jpg

春は特に花でいっぱい
b0069630_13492575.jpg

桜が山桜を残すだけになって、木々が緑を日増しに濃くなってきます。
この山の反対側に
b0069630_1350122.jpg


ひょっとこんな方が現れて、咄嗟にシャッターを。
雨のフロントガラス越しにぼやけて撮れました。
b0069630_13523917.jpg


季節の変わり目、
何度か寒暖の山谷があって衣替え、防虫剤を買ってきましたら1kgの袋をトトト・・・
b0069630_135545.jpg

何に役立てようとしているのでしょう?
by tosa4351 | 2014-04-22 13:59 | あちこち | Trackback | Comments(2)
彦根城の花筏 ひこにゃん
桜の花が散っているところは雪が降るのに似ています。
我が子が2歳の時隣の家の桜の花びらが風に乗ってこちらに飛んできた
桜吹雪を「雪だ ゆきだ~」と喜んだのを思い出します。

花吹雪はお堀に花筏になって漂っていました。
b0069630_20274391.jpg

b0069630_20321451.jpg

b0069630_20331384.jpg
b0069630_20334658.jpg
b0069630_20354149.jpg
b0069630_20361247.jpg
b0069630_203897.jpg


主人と息子が彦根城に登る間、くりむとひこにゃんが登場するのを待っていますと
定刻に自ら戸を開けて
b0069630_204529.jpg

ご挨拶
b0069630_20444640.jpg

なのに、くりむが俄然興奮して怪しい!何者やとワンワン
b0069630_20463180.jpg

そばにいる奥さんが「人やけどね。」
とは言ってくれたけど聞きもせず、ワンワン!
クスクス・・・の声も。
そ〜っとその場を離れました(^^;
せっかくのかわいいひこにゃん、ごめんなさいね。

怪しかったから、吠えるのは義務だわ (くりむ)
b0069630_20523931.jpg

基本的に猫は大好きなくりむですが、猫には見えなかったようでした。
b0069630_20573968.jpg

by tosa4351 | 2014-04-21 20:27 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
多賀大社から彦根に
息子がネットで彦根城の桜が今満開と、1週間前に言っておりましたが
結局車で14日に出かける事になりました。
西明寺の駐車場 花びらの小さな可愛い里桜が満開
b0069630_135612.jpg

西明寺は主に紅葉の綺麗なお寺とわかって、次の場所に移動します。
関西の街の方では既にソメイヨシノは終わりかけ、でも滋賀は今が盛のよう
車窓から
b0069630_13573118.jpg


着いた所は多賀大社 特に長寿祈願の神として信仰された。
b0069630_13595141.jpg

b0069630_1495929.jpg

おしゃもじの絵馬
元正天皇の養老年中、多賀社の神官らが帝の病の平癒を祈念して強飯(こわめし)を炊き、
シデの木で作った杓子を添えて献上したところ、
帝の病が全快したため、霊験あらたかな無病長寿の縁起物として信仰を集めたと伝わる。
b0069630_1454927.jpg

お庭を拝観させていただくと、各界の著名人の絵馬奉納が廊下のガラスの額に
入っていて、興味深く。
また、油彩画の奉納も見ごたえがありました。
b0069630_1474353.jpg

滋賀県犬山郡多賀町のマンホール
町の花・ササユリ、町の鳥・ウグイス。周りに町の木・スギをデザイン 
b0069630_1427952.jpg


いよいよ、彦根に到着♪
b0069630_14302121.jpg

花吹雪も期待できそうです。
b0069630_14385714.jpg

キャッスルロードでお昼をします。
比内地鶏の親子丼 
主人と息子は比内地鶏ラーメンも選びました。大変美味しかった!
b0069630_14391517.jpg


ではお堀の周りを歩いてみます。
b0069630_1442466.jpg

長くなりますので次に続きます。
by tosa4351 | 2014-04-20 14:43 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
また、二条城
10日は職場の友達4人と二条城に桜を見に行きましたが
13日はカメラ好きの息子と行ってみます。

桜の園にたきにおいと言う桜の花が香ります。
風でその辺に桜が香って満足満足~
b0069630_19291367.jpg

b0069630_1938584.jpg


b0069630_193942.jpg

b0069630_1942733.jpg

3日前には咲いていたかしら?ツツジが彩りを添えていました。
b0069630_19411756.jpg


二条城から印象派展の京都文化博物館をみて、
旧日本銀行はコンサートがこれから始まるようでした。
b0069630_19441278.jpg

また六角堂です。
池坊流派の展示会
b0069630_1947419.jpg

白鳥はこの池にいつもいるのかな?
b0069630_19505475.jpg

b0069630_19512016.jpg

随分大きな枝を活けてあること!
どうやって活けたのでしょう・・・
b0069630_19584333.jpg

by tosa4351 | 2014-04-19 19:53 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
畑の都しだれ 美術館の枝垂れ
壽長生の郷からお蕎麦をお昼に頂き、滋賀県甲賀市の畑の桜に移動します。
b0069630_21441019.jpg

(旧信楽町)中央から旧町章。
町の花ヤマツツジ、町の木・アカマツのデザイン。
b0069630_2223647.jpg

b0069630_2245237.jpg

近くの信楽町に美術館の沿道にしだれ桜があるはずなので行ってみます。

電気自動車に乗って美術館まで谷越え
b0069630_2275017.jpg

この枝は6分咲きといったところでしょうか
b0069630_2292819.jpg

満開に至るまでにはまだ4、5日かかるでしょうか
この日は11日、1週間前でした。
b0069630_22134721.jpg


帰宅して「春は来ぬ」を頂きました。春を口にした思いです。
b0069630_22144479.jpg

by tosa4351 | 2014-04-18 22:16 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
寿長生の郷
寿長生の郷(すないのさと)は大津市の山あいにある和菓子やさん
叶 匠壽庵の営む63千坪の里山です。
駐車場の向かいに桜苑が見事です。
b0069630_21174313.jpg

b0069630_21223947.jpg

総合案内所でお茶と和菓子あもうのおもてなしを受けました。
b0069630_2125916.jpg

長屋門からホールに入ってみるとお節句のお人形が展示してありました。
b0069630_212655100.jpg

b0069630_21283772.jpg

売店で桜の和菓子を色々買い込みました。
お節句柄の描かれた大きなおせんべいを孫にとお土産。
b0069630_21291294.jpg

三徳苑ではお茶席が設けられて
b0069630_21323188.jpg


庭を散策
b0069630_21335775.jpg

b0069630_21351752.jpg

ミツバツツジの尾根をたどっていくと麓の村がゆったりと春を感じる眺めです。
b0069630_2136532.jpg

by tosa4351 | 2014-04-17 21:37 | 桜   花 | Trackback | Comments(3)