<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
21回 アイトワ人形展
ご案内します。アイトワ人形教室の展示会が行われます。
どうぞお越しくださいませ。
  
      物語によせて

b0069630_21552321.jpg


会 期: 2015年6月4日(木)~7日(日)
      AM10:00~PM6:00 (最終日はPM5:00)

会 場: 京都府京都文化博物館5階 
      京都市中京区三条高倉 tel:075-222-1771(直通)
 
[交通機関]
 ●阪 急 「烏丸駅」下車、徒歩7分京都市
 ●地下鉄 「烏丸御池」下車、徒歩3分中京区三条高倉               
by tosa4351 | 2015-05-29 21:59 | 人形  京都 | Trackback | Comments(0)
北浜辺り
大阪の淀屋橋となにわ橋の南北に歴史を刻んだレトロビルがあります。
堺筋線の北浜で降りて北浜レトロに向かいます。
b0069630_20185633.jpg

北の窓からは中之島公園のバラ園が望めます。
b0069630_20361496.jpg

府の職員だった方が明治45年完成のレンガ作りのビルに
売却の札がかかっているのを目に止めて、なんとか活用する方法はないかと
自らビルを手に入れ、退職して英国紅茶の店北浜レトロを
渡英して買い付けた家具や調度品が本場さながらの雰囲気を醸し出す。
b0069630_20363279.jpg

バラ公園から見た北浜レトロTEAの文字が可愛い。
b0069630_21102610.jpg


北浜は旧大阪証券取引所を中心に発展しました。
b0069630_20441981.jpg

新井ビル
報徳銀行大阪支店1922年創立
現在は五感北浜本店になっていて
b0069630_20464667.jpg

ケーキの美味しさでは定評が有ります。
b0069630_2052093.jpg

周辺のレトロビルを見てきたあとにランチをしました。
2Fからの眺め
b0069630_205422.jpg

遅い食事をしていると、喫茶目的で人が混み合ってきました。
さすが人気があります。
b0069630_20555452.jpg

重要文化財 適塾
1792年建築
蘭学者であり、医者でもある緒方洪庵が1838 (天保9) 年に開いた蘭学の私塾で、
正式名称は「適々斎塾」。「適々塾」とも言われていたそうです。
大村益次郎、福沢諭吉などの門下生を輩出し、現在の大阪大学医学部の前身となりました。
b0069630_20552368.jpg

適塾に接する東西のビルを撤去し史跡公園化されて、オフィス街に落ちついた
雰囲気でサラリーマンはランチの時間を過ごしていました。
適塾の2F、階段はとても急な角度でしかも段の高さが有って、
上り下りには国宝級のお城もかくやと思われるスリルがあります。
b0069630_21124939.jpg

隣接する愛珠幼稚園は耐震改修工事中でした。
その昔、商家の子息の保育のために民家の手によって明治13年に創設された、
大阪で一番歴史の長い
日本でも3番目に古い幼稚園です。
b0069630_21152420.jpg

旧大阪教育生命保険ビル
以前はレストランでしたが現在はブライダル施設。
b0069630_21224821.jpg

南に隣接する日本基督教団浪速教会会堂
b0069630_2131174.jpg

入口に立っていると中から人が出てこられて説明をしてくださいました。
とてもシンプルな美しさ。
b0069630_21322924.jpg
b0069630_2132413.jpg


b0069630_2132508.jpg

まだまだ見ていないビルがあるのでまたの機会に。
by tosa4351 | 2015-05-20 21:36 | 建物 | Trackback | Comments(2)
しんあさひ風車村
新旭町をあとにして、事前に予約してあったイタリアンのお店に行きます。
b0069630_16302696.jpg

全体の写真を撮らなかったのが残念、
店主の手作りの庭や植栽タイルやテラコッタの床張り。
北窓から見える田んぼの借景、カエルが合唱しています。
b0069630_16354693.jpg

季節が少し戻って、大手鞠が満開。
b0069630_1637246.jpg

ボリジ
b0069630_16381379.jpg

ルピナス
b0069630_1639333.jpg

お庭に手作りのアーチがありますがなんとガラスをはめてある物が
ワインの空き瓶で中に自然と入った雨水。
b0069630_16413854.jpg

テッセン
b0069630_16432811.jpg

ペニーロイヤルミント グランドカバーに良いですね~
b0069630_16473325.jpg


1人で接客から料理までこなしていますがお庭の花が綺麗で目を奪われているうちに
料理が出来上がってきます。
b0069630_1646169.jpg

レストランhinataさんはとても心が満たされた空間でした。


マキノのメタセコイアの並木はすっかり生い茂って夏に向かっている。
b0069630_171190.jpg


新旭町のマンホールにデザインされていた道の駅しんあさひ風車村
b0069630_1734322.jpg

ルピナスは次第に色が紫中心に変わってきたそうです。
品種改良しても元の色に戻るかもしれません。
b0069630_176242.jpg

広いグランドの芝生の中にニワゼキショウの三色が見られました。
ピンク 白 水色
b0069630_1782073.jpg

by tosa4351 | 2015-05-18 17:10 | あちこち | Trackback | Comments(0)
新旭町針江
滋賀県高島市の針江生水(しょうず)の郷と言われるところに行って来ました。
比良山系からの澄んだ湧き水を暮らしに生かしたかばた文化。

空き地に元住民のかばた跡が残っています。
湧水を利用して飲水から煮炊き、食器や鍋の洗い。
b0069630_22123419.jpg

洗剤は各家庭の廃油を集めて石鹸に加工して使っている。
今ちょうど田植え期で水が濁っていますが湧水は昔は壺、現在はコンクリートなどで
囲って有るので綺麗に澄んでいます。
湧水のあたり
b0069630_22364285.jpg

お鍋は使ったあとかばたに浸けて置くと鯉が掃除してキレイになるとのこと。
b0069630_2239472.jpg

街灯は小川の水力発電や、太陽光の小さなパネル等利用して電力にしていました。
b0069630_2221275.jpg

事前に地域の方のガイドさんを予約してあったので
メンバープレートを首から下げて各御宅のかばたを見せて頂けます。
b0069630_2228943.jpg

案内のお宅の中にお豆腐屋さんと琵琶湖の魚の佃煮屋さんが有って
買い物をすることができました。
佃煮屋さんにはお留守のようでしたのでガイドさんが鍵を開けて
試食をし、買うと再び鍵をかけていました。

お寺の溝に一年中カラーの花が咲いているそうで、湧水は13度で
生き生きとしてご機嫌な事が立派な葉っぱを見ても感じます。
b0069630_2231299.jpg

梅花藻は醒ヶ井のを頂いて根付かせたようです。
b0069630_22333615.jpg

住んでいる方々がお花を手入れされて心和むふるさとの皆さんでした。
b0069630_2234349.jpg

高島町風車村のデザインのマンホールの蓋。
b0069630_2241474.jpg

by tosa4351 | 2015-05-16 22:47 | あちこち | Trackback | Comments(0)
枚方
お世話要らずで毎年元気に咲いてくれるカンパニラ
b0069630_20552613.jpg

b0069630_20561027.jpg


丁度隣町のバラ公園は見ごろです。
b0069630_2132670.jpg
b0069630_21102290.jpg

紅茶の香りのするバラが好み。
b0069630_2110575.jpg


次に向かいの街に行きます。
菊人形とくらわんか舟の浮世絵のマンホール
b0069630_21134285.jpg

ちょうどこの日は月に1度のくらわんか五六市が行われていて
手作りの品が並んでいます。
b0069630_21154625.jpg

枚方宿鍵屋資料館
江戸時代枚方市は京街道の宿場町、伏見と大坂を結ぶ淀川舟運の中継港でした。
b0069630_2124283.jpg

平成9年まで料理旅館でしたが現在は資料館と料理店も兼ねています。
b0069630_21325251.jpg

b0069630_2133559.jpg

照明にも鍵をあしらってありました。
b0069630_2133207.jpg

日中は一気に暑くなってこの方は止むなくお留守番
b0069630_21474355.jpg

あんなに行きたいアピールしたのに・・・
by tosa4351 | 2015-05-13 21:39 | あちこち | Trackback | Comments(0)
横に成長
この方は、食事をもらった後でも
また足りませんよと、足を踏み 尻尾を振りながら 
不満げに「う・・ん。う・・ん」とおやつ頂戴ステップを踏むこの頃です。
b0069630_21392246.jpg

お腹周りと言うか胸周りは肋骨が明らかにしづらい肥満を呈してきました。
4kgを越しそうな体重。
たまに後ろ足がしびれがきれたようなヨレヨレ・・になることもあるので
心を鬼にしてある程度おやつを与えると、知らん顔に決めます。

散歩は古墳を回るつもりでも
この方は足が重くなり先に進まなくなって・・・
b0069630_221055.jpg

もう帰る?と聞くと目がキラキラ・・・
向きを変え、急ぎ足になるのです。
b0069630_225319.jpg

なんや、元気やん。
by tosa4351 | 2015-05-07 22:13 | わんこ | Trackback | Comments(0)
ジャズストリート
今年で17回目の当地ジャズストリートが開催されました。
現代劇場文化ホールで
まず、ニューヨーク・ヴォイセスアカペラというコーラス。
いくつか聞いたことのある曲も有りました。
b0069630_15403448.jpg

会場の入口に座り込んで行列が有るのは何か?
とプログラムを見ると、夜8時からの日野皓正クインテットであるらしい。
毎年日野皓正さんが来るとは限らないので熱心なファンが待っているようでした。

現代劇場の南には野見神社がありますが隣接する北には教会があります。
b0069630_15453146.jpg

クリスチャン大名で有名な高山右近の像が前庭に。
b0069630_15465890.jpg

ランチに阪急駅方面に歩くといつもの通りは歩行者天国になって
喫茶もジャズメンが演奏。駅の高架にも。脇の店にも。
当地名物うどん餃子の即売に長蛇の列。
b0069630_15482988.jpg


メインでもある現代劇場大ホールで
ギラジルカ のボーカル。パンチのある声です。
b0069630_15525147.jpg

野見神社で・能舞台もJAZZ。
b0069630_15573639.jpg

城跡公園市民グランド
b0069630_15582495.jpg

知り合いのご主人は退職後にジャズストリートのボランティアで1年中
携わっているそうです。
楽しませていただきました、ありがとうございます。

鯉のぼりの耳にも聞こえたかな。
b0069630_15594117.jpg

by tosa4351 | 2015-05-04 15:34 | あちこち | Trackback | Comments(0)
関西新制作展 堀 文子
5月2日
阪急王子動物園前で下車するとリラックマの車掌さんが記念撮影されていました。
相変わらずこのところ厳しい暑さで、クマさんは大丈夫かな?
b0069630_15222898.jpg

動物園の前をスルーして関西新制作展に行きます。
2回の正面のこの作品は印象的でした。
b0069630_15264450.jpg

 
震災で多大な被害のあった兵庫県立美術館は以前あった場所から海に近い
脇浜海岸通りに引っ越したので、
関西新制作展の場所から坂を下っていきます。

美術館には美かえる(ミカエル)がいつの間にか鎮座していました。
b0069630_15295847.jpg

堀文子さんの初期からの作品と生き方に感銘しました。
by tosa4351 | 2015-05-03 15:21 | 絵  展覧会 | Trackback
春季特別公開 光明寺
妙心寺からさらにバスを乗り継いで金戒光明寺三門へ
b0069630_1532879.jpg

4月30日でしたがとても暑く30度を越しているのではないかと思われる中
お坊さんたちが真昼に日差しの中で草取りをしていらっしゃって
頭が下がります。
b0069630_1541450.jpg

こちらの三門の楼内天井画は龍の墨絵でした。
妙心寺とは僅かに違いがあります。
b0069630_1543446.jpg

墓地にTVに取材されたことのあるパンチパーマの仏像があって
その頭にちなんだ金平糖が売店にあるそうです。
b0069630_1572917.jpg

b0069630_15152486.jpg

木陰はさすが涼しくホッとします。
b0069630_15161075.jpg

季節が進みますね、新緑の候でした。
b0069630_15164418.jpg

b0069630_15173563.jpg

by tosa4351 | 2015-05-02 15:18 | あちこち | Trackback | Comments(0)
松本市美術館 旧松本高校
1日目、駅に4時半宿からの送迎バスが待っていました。
宿のレストランから山桜が見えます。
b0069630_21442543.jpg

宿の周辺を散歩します。
b0069630_21465134.jpg

b0069630_21484423.jpg

b0069630_2149147.jpg


松本市内にはタウンスニーカーと言う周遊バスが有ります。
東西南北の各コースがあって、2日目は東コース
この水玉は草間彌生さんにちなんだデザイン。
b0069630_21511371.jpg

バスの前の部分に草間彌生さんのサインがありました。
b0069630_215228.jpg

松本市美術館
草間彌生さんの作品の部屋は志向を凝らしていて見ごたえがありました。
b0069630_2154558.jpg


旧松本高校へ
b0069630_21572364.jpg

本館
b0069630_2233248.jpg

b0069630_2253981.jpg

b0069630_226125.jpg

講堂
b0069630_2205836.jpg

b0069630_2243617.jpg

b0069630_225121.jpg

東コースのタウンスニーカーが来る時間までスケッチ
背の高い木の並びが面白い。
b0069630_2272484.jpg


1泊旅行はあっという間に時間が過ぎて帰りの特急「しなの」
松本行きは季節が戻り、帰りは車窓から季節がどんどん過ぎていきます。
b0069630_2282619.jpg

by tosa4351 | 2015-05-01 22:13 | あちこち | Trackback | Comments(0)