<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
三十三間堂通し矢
先週京都に出た折に、17日に三十三間堂の通し矢のあることを知って
17日に出掛けてみました。
三十三間堂には9時頃着きました。
お堂の入口から列をなしてこの日は楊枝のお加持(やなぎのおかじ)があります。
この儀式は聖樹と言われる楊枝(やなぎ)で観音様に祈願した法水を
参拝者に注いで、諸病を除く特に頭痛に効くと言われています。

千体千手観音像を拝顔すると様々なお顔が見られます。
自分に似たお顔もあるそうで、混雑の中をすり足で少しずつ進み
中央の千手観音坐像の手前で右に折れて楊枝のお加持を注いでいただきました。

千体千手観音像の前に風神雷神とに二十八部衆が安置されています。
一体一体いつまでも見ていたい美しさで、大弁功徳天像(だいべんくどくてんぞう)
は吉祥天と呼ばれる至福の女神でふくよかな指の形がどこから見ても美しい。
檜の寄木作りで目には水晶の裏に和紙で目を描いて生き生きとした
鎌倉彫刻の傑作でした。

さて、通し矢は大混雑で全国から弓道をされる学生達が集合していて
とても矢を射る場所に歩を進められません。
ベテランの通し矢の写真はこちら
おめ汚しはこちら 出番まで学生さんがいっぱい。
b0069630_15204998.jpg

小腹満たしに学生さんが食べてはる、おでんのじゃが芋が皮付きなのに妙に印象的です。
へーじゃが芋の皮はそのままでも良いのかも・・・・

結局人の頭の間から矢がピューピューと飛んでいるのが見えて、
確かに通し矢が行われていると確認し、
お邪魔さんは早々とその場を離れることにしました。

通し矢が済んだ弓に其々の学校の名が入ったカバーが全国から集まって来たんだと
いい感じでした。
それは写してありません・・・デジカメを忘れてきたものですから
b0069630_15274729.jpg

三十三間堂から町並みを楽しみながら四条河原町まで歩きました。
by tosa4351 | 2016-01-21 15:36 | あちこち | Trackback | Comments(0)
春の舞
豊国神社の南隣に国立博物館が有りまして、
只今はさるづくし―干支を愛でる─
博物館西門は出口になっています。
b0069630_14382391.jpg

公式キャラクター トラりんは尾形光琳の竹虎図がモチーフ。
とら+琳派 だそうですよ。
博物館の入口で子供達と撮影に応じていました。
b0069630_14393123.jpg

この日は舞妓さん芸舞さんの春の舞が披露されていていいタイミングで
見ることが出来ました。
b0069630_14454382.jpg

めいっぱいのズームです。
b0069630_14482022.jpg


さるづくしは三猿緒締 線刻銘「懐玉」と銘があり、象牙の丸い根付が
1匹のお猿が見ざる言わざる聞かざるをの形をしています。
b0069630_150492.png

あまりにも小さくて虫眼鏡が添えられてあります。
その隣の猿根付 線刻銘「正直」もリアル。
絵画は森狙仙。毛並みが動物別の特色に墨一つで表現されています。

帰りに西尾八つ橋でお茶をいただきます。
b0069630_151556.jpg

変わり桐の紋 
b0069630_153371.jpg

この日は成人の日で振袖を御召の方がひと休みされていました。
by tosa4351 | 2016-01-18 15:07 | あちこち | Trackback | Comments(0)
新日吉(いまひえ)神社 方広寺 豊国神社
伏見稲荷から今年の干支にちなんで狛犬の位置にお猿が鎮座する
新日吉(いまひえ)神社に向かいます。
b0069630_2194437.jpg

向かって右の阿の狛猿は正面は逆光になるので横から。
真猿、魔去る、勝る=まさる と称されています。
b0069630_2110833.jpg

左の吽猿
b0069630_21191459.jpg

神の使いが盗まれてしまわないように、猿たちが夜な夜な動き出すのを防ぐために
阿吽の狛猿は金網に入れられているそうです。
金網の中は気の毒だけれど、とても愛らしい。

日吉山王の御神猿は当・新日吉神宮以外にもあり、
近くでは「京都御所」「大津・日吉大社」にも祀られています。

次に方広寺。
秀吉が大仏を安置するための寺として創建されたそうです。
大仏は現在ありませんが南側の最寄りの国立博物館の角に有る交番に
大仏の名が残っています。
周辺は大きな石垣で高低差を築いてありました。
国家安康の梵鐘(重要文化財)とその銘文
b0069630_21252193.jpg


豊国神社
b0069630_21354336.jpg

豊臣秀吉を祀った神社。
ひょうたんの形の御札
b0069630_21365721.jpg

正面の門
b0069630_21474098.jpg

干支のおみくじが可愛い。
b0069630_11591066.jpg

by tosa4351 | 2016-01-17 21:44 | あちこち | Trackback | Comments(0)
伏見伏見稲荷
先週の三連休に伏見稲荷に行ってみました。
いつ来ても沢山の人出。
b0069630_2162144.jpg

本殿の入口に稲穂がお祀りしてあるのは流石稲荷神社。
普通は雀が突っついてたちまち稲がなくなってしまいそうなのが見事手付かず。
b0069630_21124527.jpg

本殿を左に折れて右に上ると千本稲荷が並んでトンネル状になって、
二股の場所は右側通行。
ここから奥に千本鳥居が東に続くのでUターン帰りの通りが少なく、
こちらを写真に撮りました。
b0069630_2115978.jpg

b0069630_21265211.jpg

手水舎
珍しい鈴(?)から水が出ています。
b0069630_212812100.jpg

江戸な雰囲気の手水舎の軒下
b0069630_2129073.jpg

向かって左阿 稲をネクタイにしたお稲荷さんは稲をくわえています。
b0069630_2140719.jpg

右に吽 
b0069630_214044100.jpg

玉、鍵をくわえたお稲荷さんもいました。
外国の観光の方も大勢目にします。
by tosa4351 | 2016-01-16 21:56 | あちこち | Trackback | Comments(0)
お初天神
3日は息子のお嫁さんとお母さんと阪神百貨店前で待ち合わせ。
時間があったので近くのお初天神に詣でます。
b0069630_9331772.jpg

文楽の演目にもよく登場するお初天神
b0069630_23105856.jpg


都会の中の神社で流石参拝者がひきも切らず。
多様な絵馬が揃っていて目移りします。
b0069630_2362770.jpg

美人祈願の絵馬に好きな顔を描くことができます。
b0069630_23234887.jpg

梅田のデパートには福袋を求めるお客様で賑わっていました。
が、お正月の疲れもあって食事とお茶をするとそそくさと帰宅。
根気が無いわ・・・
by tosa4351 | 2016-01-09 09:33 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
年始
明けましておめでとうございます。
             元旦 日の出
b0069630_10402294.jpg

慌ただしくお正月を迎えるうちに早くも七草粥の日になってしまいました。
振り返りますと、元旦は息子夫婦を迎え御節と土佐風お雑煮を頂き
近隣の三社参り。

名神高速道を挟んで闘鶏野(つげの)神社があります。
古い神社に見えないのは、高速道路を作る折 山側に移転したのではないかと。
闘鶏を「ツゲ」と読むのは、鶏鳴が神託を「告げる」ことに由来するといわれる。
名神高速道路にかかる陸橋が参道となっています。
元旦の高速道路は貨物トラックが走っていません。
b0069630_10434335.jpg

阿久刀(あくと)神社
そばを流れる芥川は神社の名前から転訛したようです。
例年は暮れから帰省し、元旦に自宅に戻って三社参りは3日に行っていたので
駐車も出来ない人の多さに、地元に親しまれている神社と再確認しました。

b0069630_10544964.jpg

あと1つは田んぼの中にある素盞嗚(すさのお)神社。

お茶にはお嫁さんのお土産可愛いケーキを頂きました。
b0069630_1192629.jpg

いつの間にかお日様は西に傾いて元旦は終わろうとしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
b0069630_113242.jpg

by tosa4351 | 2016-01-07 11:12 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)