いつまでも一緒に
昨日と一昨日のくりむのお話は思い出になってしまいました。
歯石を取って歯に心を配ったり、足に負担をかけないように
白内障にならない様に・・・。
1日でも元気でいてほしいと願っていましたが
お盆にお客様が見えて、大喜びのくりむがおもちゃを投げて頂戴と
持ってきて、1回2回目に走った時、息切れがして大きく呼吸をし
足元が一瞬ふらつきました。
病院で診ていただくと、心臓肥大少し肺に水が溜まっている様子も
うかがえるとのこと。
薬を頂いて帰宅して2日ほどであっけなく亡くなってしまいました。

亡くなった日は家族が忘れようもない主人のお誕生日。
14歳4か月。際まで元気でしたから、喪失感はぬぐいようもありません。
何かにつけて思い出します。
帰宅すると前足を上げて歓迎してくれました。
至らなかった飼い主だと反省してもどうしようもありませんが
大切なかけがえのないくりむの生きた証をいつまでも忘れないでいようと思います。
くりむちゃん幸せを沢山ありがとう。
グログに来て下さった皆様にも感謝いたします。
ありがとうございました。
b0069630_21224057.jpg

# by tosa4351 | 2017-08-26 19:55 | わんこ | Trackback | Comments(0)
いつも側に
育てた初期にくりむの歯を清潔にと、最初から力みすぎたのか
歯磨きを嫌うようになったので、わんこのおやつは歯磨き効果の
あるものを主に与えていました。
皮を与えると噛み応えがいまいちだったと見え、柔らかいタイプの
グリニーズを見せると硬いほうの皮と交換して欲しいと言います。
硬い皮はいつまでも持ち回って・・・
目が覚めた私の枕元に置いてあったりすると、まるでクリスマスの
サンタクロースのプレゼントの様に思われて可笑しくなります。

トリミングする前のくりむ。
b0069630_21341256.jpg

# by tosa4351 | 2017-08-25 21:51 | わんこ | Trackback | Comments(0)
くりむのお話
ブログを始めたのは2004年の11月でした。
4人家族で生後2か月のくりむを迎え、娘が嫁ぎ息子が
独り立ちをし、郷里の義母も80歳を超えてもPCをしている折
離れて過ごす家族のために、くりむの日常をブログにスタートしました。

前回から随分投稿していません。
6,7月は忙しかったにしても8月になっても怠けていました。
くりむは冷房を入れる時ガラス戸や襖を閉じ始めると
興奮して吠えます。
あちこち開けるように言います。
襖は開けると顔をだして、頭寒足熱?
b0069630_08474961.jpg


# by tosa4351 | 2017-08-24 21:08 | わんこ | Trackback | Comments(0)
浄瑠璃寺
岩船寺から浄瑠璃寺までは歩けば30分ほど2・2kの距離です。
が投稿するまで1週間ほどかかってしまいました。
浄瑠璃寺は阿弥陀仏を安置したお堂の前の宝池が印象的なお寺。
ここには白いカルミア。
b0069630_09262263.jpg
京都より三重塔が移築された。
b0069630_09263390.jpg
岩船寺では俄かにかき曇り、ぽつぽつ雨も感じられたお天気は
次第に晴れ、宝池に青空が写ります。
b0069630_09264483.jpg
本堂には九体の阿弥陀如来像、不動明王三尊像に寄りそう脇侍の
こんがら童子、知恵のせいたか童子がとても可愛い。
秘仏の吉祥天女像は開扉日では無かったので見られませんでした。
b0069630_09265834.jpg

その後、大和文華館の庭で笹百合が咲いていて寄ってきました。
b0069630_09270727.jpg


# by tosa4351 | 2017-06-10 10:12 | あちこち | Trackback | Comments(0)
岩船寺 
旧奈良少年刑務所から岩船寺に向かいます。
四季折々の花が楽しめるお寺で春の名残の都忘れが足元に沢山咲いて
初夏に移行する時期。
b0069630_09333690.jpg
紫陽花の花がこのお寺の代表する花、未だ紫陽花の本格的な時期
には早く額アジサイが咲いていました。
b0069630_09334448.jpg
三重塔も紫陽花で包まれた写真が有りました。
b0069630_09341443.jpg
三重塔の組物、尾垂木上で隅木を支える隅鬼がみえます。
1つの屋根に4体の鬼、全部で12体いて懸命に屋根を支えています。
b0069630_09345337.jpg
東寺の隅鬼もとても可愛い。
b0069630_09343989.jpg
カルミア
b0069630_09350871.jpg
姫シャラ
b0069630_09342646.jpg
岩船寺の御朱印長の表紙にも用いられている厨子入木造普賢菩薩騎象像
は現在東京で公開されているため厨子のみ展示されていました。

# by tosa4351 | 2017-06-04 09:54 | あちこち | Trackback | Comments(0)