まぼろしの薩摩切子
お洒落な看板のある街。
b0069630_21171495.jpg

空が高く良いお天気の昨日。
b0069630_21152052.jpg

ようやく行きたかった「まぼろしの薩摩切子」を見に神戸市立博物館に足を運びました。

三宮センター街が今のように拡張されてもう何年にもなると言うのに
昔の小さな通りを歩くと、ほうじ茶の香りがしたり
柔らかい色合いのファミリアの子供服の店
狭い店内にぎっしり輸入化粧品の並んだ「ミッチャムみっちゃん」
縞模様の包装紙が都会的な喫茶「G線」のケーキ
怖いぐらいに時間が流れた昔を思い出します。
b0069630_2112444.jpg

デジカメを持ってきたのは良いけれど、また失敗しました。
今日はメモリースチックを入れ忘れてしまって・・・
画素数を大きいように調整して、用心しながら使います。
未だ充電器に電池をつないで忘れてきたのではなくて良かった・・・ホッ
b0069630_2113017.jpg

薩摩切子は鹿児島に観光した折に数点見た他にも
個人蔵やサントリーミュージアム、海外から里帰りした品、など沢山集合して

藍色から紅色までのバリエーションある分厚い被せガラスを
現在のような回転するグラインダー出切るのではなく、
細長い鉄の棒に水で溶いた金剛砂をつけて根気良く切る。
さらに木の棒で磨きだしていく、当時は気の遠くなる方法で作っていたそうです。

天璋院篤姫様が興しいれの時に携えたお雛様で飾る切子ガラスも沢山展示されています。
b0069630_21131689.jpg

美術館を見ると疲れてさっさと帰途に・・
JR三宮の駅のホームに立って山側を見ると
近代的なビルを背にして、その昔「省線」と呼ばれていた時代の老兵が
今なお現役で活躍して堂々と立っている風に見えた真ん中のコンクリートに
思わずシャッターを切りました。

時間の差を目で見るようでした。
b0069630_21152879.jpg

by tosa4351 | 2009-08-26 21:55 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/11800021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2009-08-27 01:27
まぼろしの薩摩切子展・・・・
素敵でしょうねぇぇぇ

我が家も、お手頃な切子は、ありますが
いいものは、赤やブルーの発色の深さが違いますよねぇぇぇ

見たいなぁぁぁ
三の宮は、ちょっと遠いなぁぁぁぁぁ

天璋院篤姫様が興しいれの時に携えたお雛様で飾る切子ガラス?
天璋院篤姫、お雛様、切子ガラス
興味のある3つの単語・・・
物凄く気になります
Commented by tosa4351 at 2009-08-27 09:45 x
COCOママさん♪
被せガラスが現在のより厚くてその分グラデーションや藍の色に
深みが増して、COCOママさんの仰るとおりの味わいがあります。
島津斉彬の四女のお印が船で船を模った、こうもり紋の杯洗は
良かったですよ。
お雛様、切子ガラスは小さな器が一杯!それに又カットガラスを施して
どれだけ天璋院篤姫様に思い入れがあったか
時代背景もさることながらいろんなことが想像されました。

こんなお宝を目にすることが出来ていい機会でした。
Commented by chorohico at 2009-08-27 13:56
ミッチャム??ええー!今の今まで「みっちゃん」だと思ってました。。友達同士でも「みっちゃんで買うてん」とか言ってたような。。トホホ。
三宮は私も馴染みの街、デートも何度も。モロゾフの喫茶でプリンが定番でした。キンツバがおみやげで(笑)
切子ガラス、繊細で美しい模様にうっとりしそうですね!
Commented by tosa4351 at 2009-08-27 15:05
ちょろひこさん♪
ひゃートホホ・・はこちらです(ーー;)
ミッチャムで検索したら人名しか出ないの、ずーっとミッチャムと
外国の名前だと思っていたのですが、みっちゃんなんですね、
今でも有るのかな?
何しろ昔々のこと、西からセンター街に入る角のファミリアに近い店
でしたがそのファミリアも元町に移動した・・・?
浦島太郎状態の私なんです^^;
じっくり神戸を探索したくなりました。
<< 帰省中 お菓子を食べなくても・・ >>