ハプスブルグ展  東華菜館
ある晴れた日に、京都国立博物館のハプスブルグ展に足を運びました。

最初の部屋は明治天皇から皇帝フランツ・ヨーゼフに贈られた
画帖と蒔絵棚が有りまして、
画帖は日本の風景や暮らしを岩彩も鮮やかに描いてあります。
絵が小さく連なっていることも有って大変混雑しているようですが
見応えがあって、ハプスブルグ展と言う事がすっ飛んでしまうの部屋です。

蒔絵棚は輸出用に棚が広く作られていました。
b0069630_2213763.jpg

ハプスブルグ家絵画コレクションに特に多くの方の目を引いたのは
マリアテレジア、エリザベート、フェリペ、マルガリータの肖像画や
夫々の貝殻に肖像を刻んだ「シャーベット用センターピース」
宝塚ファンならずともエリザベートのお話に思いをはせてしまいます。
b0069630_22325085.jpg


京都駅から乗ったバスの中で市バス1日バスカードを買ったので
ランチにはバスを乗り継ぎ河原町の東華菜館まで行きます。
ここはHPでご覧に慣れますが、日本最古のエレベーターも現役のボーリス建築のビルです。
b0069630_2235675.jpg

ごく普通のメニューを注文すると中の1つ餃子が小さな豚マンかと
思うようなボリュームで少々余り気味。(--;)
b0069630_2235533.jpg

b0069630_22464238.jpg

天井まで凝った彩色がしてありました。
b0069630_22421696.jpg


次は清水三年坂美術館。
b0069630_9513453.jpg

只今は刀の鍔が沢山見られ、小さな鍔の中にたとえば菊であれば
花の横から見た形、上からの形、菊の花も数様々配置され、デザインが見事!
中に茶室というテーマで有った鍔には細かく茶道具やら室内の景色が散りばめられて
刀と言う物騒(・・・)な物の鍔にしてはとても繊細で女性的なテーマで飾られてあります。

戦う為の縁起の良い草花、鶴、蟷螂、茗荷も有りました。

八坂の塔を降りる坂にこんな居酒屋さんの看板
b0069630_9464279.jpg

只今準備中か、定休日の看板のようです。
b0069630_947125.jpg

by tosa4351 | 2010-01-22 22:53 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/12713528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちいこ at 2010-01-23 23:06 x
巨匠の絵ばかりで「ほー」としか出までせん・・
圧倒~ですぅ 肌の質感がなんともすごいですねー
私の中では「神さま~」ってイメージです(笑)

東華菜館、入ったことなんですぅ
有名って聞くけどなんか敷居が高いぃ
もっと大人になったらイコーっと(^^;
一日移動しはりましたねー よー歩かはったでしょう すごいすごい
「ちょっとすんまへん」が最高
Commented by tosa4351 at 2010-01-23 23:22
ちいこさん♪
ハプスブルグ家のお話はよく絵画に登場して、入り口の肖像画の
ベラスケス、マルガリータは近親結婚の為に短命だったと言う事でしたー
マルガリータは幼い頃から写真代わりに肖像画を許婚に贈られていたそう。
色んな話がその美しいお顔に秘められているんですねー

私も四条大橋の袂にある不思議な建物は・・?
と思っていると近江八幡の建築家ヴォーリスの設計と判明。
中を見学が半分で興味を持って行ってきましたー。
1日市バスチケットのお陰さまでフットワークが上手くいきましたよ^^♪
Commented by mokopyon819 at 2010-01-24 01:34
くりむパパさんの方でも書かせて頂きましたが
とっても素敵です「ハプスブルグ展」。。。。

ベラスケス作の「マルガリータ」でしたっけ?
かなり以前にも、京都か奈良で見た記憶が・・・

でも、なんと言っても、名門ハプスブルグ家所蔵の数々・・・・
3月まででしたよね
エリザベートファンとしては、何とか行きたいと思っています


Commented by mifuyu4432 at 2010-01-24 13:36
京都は毎年いってるのに観光はほとんどしてません。
たまにはゆっくり歩いてみたいもんだよね~
ってワンが居るときはほとんど無理状態ですが・・・涙
『ちょっとすんなせん』の看板。
なんか京都らしい~って感じですね。
きっとやさしいご主人なんでしょね。
Commented by tosa4351 at 2010-01-24 21:24
COCOママさん♪
ハプスブルグ展・・平日でしたが未だゆっくりと見られました。
「マルガリータ」は可愛いですね。
着ているドレスもレースや輝きも見事です。
当時は何層にも筆を運んであの肌の質感を出しているのだと
思いますが、お抱えの宮廷画家たちの力量が発揮された賜物ですね。

COCOママさんのお好きな「マルガリータ」
込み合わないうちに是非ご覧下さい。
Commented by tosa4351 at 2010-01-24 21:33
mifuyuさん♪
京都は大きい通りから見ると、他の都市とは見分けの付かない
ビル群になってしまいましたが、一旦路地に入ると
昔の町家がひっそりと息づいて、発見があるのが楽しいです。
車で来ないとわんちゃんは連れてこれませんし、
わんちゃん連れOKのお店は少ないでしょうね。
<< 梅一輪 大阪城梅林公園 意思の表現 >>