人気ブログランキング |
阪急電車  震災チャリティコンサート
映画 阪急電車が全国公開されて先日早速見てきました。
阪急今津線(西宮北口~宝塚)に乗る乗客のお話をオムニバス形式から絡み合っていきます。

転勤族の最後の勤務先で住居が阪急京都線沿線になって
私達家族も阪急電車とはすっかり生活の足です。

今津線は遠く、宝塚駅には観劇やスケッチに数えるぐらいしか・・・逆瀬川駅には1度。
以上終わり・・・ですが
映画にはいつものえんじ色の阪急電車や到着・発車音がお馴染みでわくわく感♪
車内での光景で初対面の同乗者に話しかける言葉が微に相手に通じて行くのが上手いな~と感心。
普通はこうは行かない・・と突っ込みながらも笑いました。泣きました。
b0069630_2195048.jpg

b0069630_10302250.jpg

おや・・ウエディングドレスのよう でも引き出物を持っている・・・なぞの翔子
b0069630_21101648.jpg

良かった!なかなかのお勧めの映画です。

映画を見終わってロビーに出ると、阪急電車の列車の絵のパネルに
映画を見た人のコメントの付箋を電車の窓に貼り付けるようになっていまして
早速貼らせて頂きました(*^_^*)



その日は午後から大阪交響楽団・関西二期会 東日本大震災チャリティコンサート
でG線上のアリア 他 関西のオペラのプロの方々の迫力の歌声を聴くことが出来ました。
プッチーニ・オペラ「トォーランドット」の 誰も寝てはならぬ  は
荒川静香の選曲でお馴染みになりました。

中盤、福島南相馬から震災で大阪市内に転校してきた9歳の子供さんが、
3月12日に予定していたピアノの発表会が震災で駄目になってしまい
この場で発表の運びとなって、
「メヌエット」「思い出のアルバム」を落ち着いた様子でピアノを弾きました。
大阪の言葉に慣れましたか?の質問に
女の子は「なんでやねん」と「あかん」を覚えたそうで会場に暖かい雰囲気が伝わりました。
大阪でいい思い出が残りますように。

最後に楽団と9人のオペラ歌手と会場の皆さんと「Believe」を歌いました。
Believeの歌はあまり知らなかったけれど、TVの番組で幼稚園児が
悩みのある女性に歌って聞かせてくれて感動して以来好きな曲になっています。
その時の動画をどうぞ。

by tosa4351 | 2011-04-29 21:52 | 日々の暮らし
<< 4月30日山陽道から高知へ 三重・菰野   滋賀・日野 >>