大阪医科大学歴史資料館 京大農場
市の「歩学講座」に参加しました。
阪急高槻市駅北側に旧大阪高等医学専門学校
(昭和5年 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計)が有ります。

外観を撮らずじまいで、いきなり内部です(^^;
南の窓から阪急の線路が。
左右に階段があります。
b0069630_2112761.jpg

ヴォーリズの設計は阪神の大震災にも動じない立派さなんですが
写真の撮り方が斜め・・
窓からは一階の講堂が見えて、左の窓に斜めに掛かっているのは
耐震構造にしたもの。
b0069630_2116141.jpg

こちらでヴォーリズに関する説明を聞きました。
現在この建物は大阪医科大学歴史資料館になっていて
過去の市内の写真や歴史を学ぶことができます。
b0069630_21223860.jpg

八丁松原
高槻の城下町に入る六口のひとつで、
京口と呼ばれた高槻城から西国街道まで続いた約八丁の松の並木道。
b0069630_21371025.jpg

京大農場
b0069630_21421773.jpg

阪急電車で京都からの帰りには京大農園が見えてくると街中に緑地が広がって
よくぞ京大はここに農場を選んでくれたものだと思っていましたが
市の意向や農場が安満遺跡国史跡に指定され平成28年京大は
残念なことに、木津川けいはんな学研都市に新農場を統合するそうです。

銀杏並木の奥、農場の緑の中に赤い屋根に癒される風景は大阪に越してきて
まもなくスケッチをしに行ったものです。
b0069630_2212340.jpg

京都大学大学院農学部附属農場本館、大倉三郎設計大正13年開設
b0069630_2261443.jpg

農場の手伝いに当時の周辺の市民が大勢来て交流がもたれたそうで
本館の前のロータリーもこの地区の村の方の心づくしとの事
よく手入れされています。
b0069630_2272360.jpg

高槻の阪急の駅JRの駅が西に見えています。
b0069630_2275642.jpg

2階で菊池農場長からの説明を拝聴。
農場には果樹園も有って梨の種類も数々生まれました。
中で新高梨の話が有って、新潟の品種 天の川と高知の品種 今村秋の梨とで
生まれた梨が新高梨。
単に出身の県の名を合わせた名前をつけたそうです。
つづく
by tosa4351 | 2014-11-05 22:23 | 建物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/23692083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by daimon84arare at 2014-11-06 15:13
こんにちは(^^♪
本当に素敵なところですね。市が主催した講座なのですか?
こんな素敵な場所で行われる講座ならぜひ参加してみたいです・・といっても千葉からでは無理ですね(笑)
きっと講座のあとにおいしいランチも食べたのでしょうね(笑)
Commented by tosa4351 at 2014-11-06 19:55
daimonさん♪
この地区の公民館が主催だそうです。
京都線はJRも阪急も昔から大山崎のサントリーがとても印象的でしたが、関西に住むようになってから、京大農園の赤い屋根も緑の中に際立って好きな景色になりました。
ローカルな記事でわかりませんね。
ピンポーン♪ママさん当り!
ランチは駅まで帰って和食のお気に入りの店で頂きました。
<< 安満遺跡 磐手杜神社 上賀茂神社手作り市 >>