旧中西家住宅
毎週水曜日はピアノの授業が有って、あっという間に1週間が経ってしまい
シルバーエイジにはその他の用で練習が途切れると
何度か練習していても全く初めて見る楽譜のようで記憶を回復するには
また1からと言うトホホな状況のこの頃です。

その授業を終えて、今日は吹田市の旧中西家住宅を見学に行きました。
約1000坪の屋敷地に文政9年(1826年)建築。
b0069630_21172533.jpg

表門からぐるっと勝手口に向かう道路で吹田市のマンホールを見つけました。
中央に〈太陽の塔〉1970年大阪万博のシンボル(岡本太郎)。
周囲に市民の木クスノキ、市の花サツキをデザイン。
雨がポツポツ・・降ってきました。
b0069630_21191497.jpg

屋敷庭に入ると珍しい掘り込んである庭が見られます。
この庭の中で茶道や季節の木々の移ろいを楽しんだようです。
b0069630_2124103.jpg

ボランティアの方々5・6人が場所によって交代しながら説明をしてくださいます。

庭を手入れされているのは桂離宮と同じ庭師さん。
四方の角に苔生した庭に降りる石段がいい風情です。
以前は見学者が庭に降りる事ができましたが苔が踏まれて無くなってしまったので
降りることは出来なくなりました。
b0069630_2133252.jpg

のちに作られた喜雨庵、裏千家の「今日庵」を作った宮大工の作。
b0069630_21352079.jpg

今回は中を庭からの公開です。
b0069630_21395411.jpg

関守石
b0069630_21402877.jpg

母屋の屋根の南面は旧のままですが北側の屋根瓦は吹き直し現代のもの
色がはっきり違います。
旧の瓦には1つ1つに文政9年、瓦の制作者の名前が刻んでいます。
家紋は卍。
屋根は2つで境目から雨漏りがして中の家の作りまで響いて修理されました。
b0069630_21415998.jpg


追記
中西家には続きがありまして、広いお庭を拝見しました。
西の庭園 奥様が、それでなくても充分奥行きがある道を先に従い細くされて
季節毎にお好きな白い花が見られるようにして有ります。
白の侘助
b0069630_17251957.jpg

奥にある東屋の天井
使われてある資材はどれも凝っています。
黒部杉の網代天井。
b0069630_17261131.jpg

母屋の中庭に枯山水石は11個あって、中西家の家族を表しています。
b0069630_17303746.jpg

右手に勘定部屋棟 
中西家は江戸時代に大庄屋(淀藩の14の庄屋を束ねる)を勤めていました。
b0069630_17344522.jpg

これは何と読むのでしょう。
昔は暦等が行き届いていないので大庄屋には暦の大の月、小の月を表示して
知らせたそうです。
反対には小という漢字が川という字に見えましたが彫ってありました。
私はまた、木槌で「頼もう!コンコン」とでもする板かと思いました。
b0069630_17421883.jpg

旧中西家は平成19年1月に家具や調度品、絵画・古文書などの文化財とともに
吹田市に寄付されました。

庭のあとに母屋に入らせて頂き、室内を見学。
荷物はソファに皆さん置いて、貴重な家具調度品を傷つけないようにします。
平成19年までに台所はシステムキッチン(冷蔵庫・壁タイルすべて吟味された外国製)
にされたり、グランドピアノの部屋の床は持山の材でしっかり作ったありますが
すべて以前に戻せるようになっているそうです。

場所場所で説明されているボランティアが交代して旧中西家をお守りし
皆さんにお伝えする心意気が感じられました。
by tosa4351 | 2015-11-25 21:45 | 建物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/25122672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たーちゅのはは at 2015-12-01 10:51 x
いつも素敵な画像ありがとうございます。中西家古いものですねーいいなあやっぱり古いものは。
ピアノ習われているのですね。子供のころにも習われていたのですか?楽器出来るといいですよね。私もリコーダーきちんと基本からやらないかと言われていて思案中。発表会の画像を見ても音で出なかったなぁと実感しています。ぼちぼち続けていけたらいいなと思っています。
Commented by tosa4351 at 2015-12-03 18:03
たーちゅのははさん♪
中西家はまだ続きがあるので、またご覧くだされば嬉しいです。追記で書きますね、この前はもう眠くなってしまいました^^;
ピアノは今年の4月からで、4人のシルバーエイジです。
保育園の先生だった人、娘さんがピアノの先生でお孫さんのピアノ教室に付き添っている方、コーラスやフォークダンスで音感の優れた方の3人の中私は絵ばっかりしかやっていなくてようよう最後尾を走っているって感じです。
子供の時もピアノはしていなくて俄かに電子ピアノで、譜面を読むのもやっとこさ。
毎週あるので手は抜けません。
私よりだいぶんお若いくてトライされているから是非基本からやってみて下さい。
<< 日向ぼっこ 大門寺 法常寺  >>