常滑
常滑散歩コースAを巡ります。
かつては焼き物の工場が軒を連ねていたことが分かる痕跡が随所に見られます。
b0069630_09112248.jpg
焼杉の建物の中のギャラリーで常滑の街並みに魅せられた
洋画家歌田眞介氏の絵画展。
油絵とは思われない画風で色を抑えた静寂を感じます。
「歌田眞介」の画像検索結果

b0069630_09115437.jpg
坂の上の廻船問屋 瀧田家を見学。
日常使われていた液体を入れ運んだと思われる陶器が道の脇に奇麗に積まれてあります。
b0069630_09140800.jpg
土管坂
b0069630_09152302.jpg
登り窯
b0069630_09171023.jpg
ここには10本の煙突が並んでいます。
b0069630_09171985.jpg
b0069630_09155085.jpg
坂を上り下りしながら散歩道から駅まで戻りました。
常滑から半田に向おうとバスの時刻にはまだかなり待たなくてはいけません。
タクシーは客待ちにいないので電話で聞くと空車が無いとの事。
INAXミュージアムは休館日で熱田神宮へと名古屋に戻ります。

クスノキが伸び伸びと緑を茂らせています。
b0069630_09185168.jpg
このお二人は端っこに座ってお喋りしていらっしゃる。
b0069630_09190626.jpg
次に白鳥公園へ。
平成3年に開園、築山は御嶽山そこから流れる川を木曽川、池は伊勢湾を模したつくりで名古屋地下鉄を作る時の土砂を利用したそうです。
こちらのお茶室で一服しました。
この日は白鳥寄席で落語ももようされたそうです。
b0069630_10102197.jpg

1日目良く歩きました。夕飯は名古屋コーチン。
b0069630_09192414.jpg

by tosa4351 | 2017-10-22 10:37 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/27461059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2日目 名古屋観光 知多半島へ >>