浜松観光
浜松の宿泊した窓から、早朝ゴルフ場の手入れをする方がいたり
朝食を頂いているとゴルフを楽しむ様子が見えました。
b0069630_21221106.jpg
浜松駅に戻って浜松市美術館に駅からバスで行きます。
新緑で包まれた美術館に明治45年の和田栄作の作品「みかんを摘む少女」
牛島憲之「新緑」小磯良平の作品や中川一政が愛蔵していたゴッホの初期の作品
があります。
b0069630_19400686.jpg
b0069630_19403710.jpg
b0069630_19404857.jpg
b0069630_19410571.jpg
次は美術館の隣の浜松城へ。
石垣は野面積み、石は奥深く間に小石で埋めてあって水はけもよく堅牢。
天守閣は市民の浄財で140年ぶりに復元されました。
徳川家康が29歳から45歳の頃
周辺諸国の名家、強大な戦国大名に囲まれ戦い生き延びて
天下取りの夢をつかんだ場所です。
b0069630_19412594.jpg
天候によっては天守閣から駿河湾の向こうに富士山が見えるそうです。
b0069630_19414278.jpg
浜松には何といっても河合楽器やヤマハの名が浮かびます。
駅近くに公立の楽器の博物館が平成7年に開館。
世界各国の楽器が展示されて、主に鍵盤楽器を見て歩きました。
古い楽器から順にヘッドホンでその時代の曲を聴けます。
丁度、旧式の鍵盤楽器で演奏をしてくれました。
b0069630_19421053.jpg
b0069630_19432149.jpg
b0069630_19434822.jpg

浜松駅前は、ゆるキャラは出世大名家康くんが立っています。
ちょんまげはウナギ、家紋はみかん、袴にピアノ楽しいアイデアてんこ盛り!
地方の個性を生かしていました。
b0069630_19420059.jpg
駅の喫茶で新幹線の発車時刻までゆっくりして
次の再会を楽しみにお別れしました。

by tosa4351 | 2018-04-24 21:53 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/28266551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< やまつ辻田 秋野不矩美術館 >>