松尾大社
久し振りに嵐山線に乗って松尾大社にやってきました。
森小夜子先生の人形教室の帰りにはこの駅まで友達が
送ってくれたことが懐かしく思い出されます。
b0069630_21164425.jpg
鳥居に植物の葉が下げられているのが見えます。
後ほど大社の方が説明されていましたが脇勧請と言って
うるう年には13個そうでない年は12個榊の木の枝をつるし
葉っぱの様子でその年の吉凶を占うそうです。
b0069630_21164982.jpg
これと同じようなものを地元の寺で見たことが有ります。
こちらは樒(しきみ)で正月初寅の日に年占いに用いた。
大阪堂島の米商人たちは縄の垂れ具合を見て月ごとの米の相場を占ったそうです。
b0069630_21330340.jpg

拝殿をくぐる前の脇にブラシの木が有ります。神社には珍しい・・
b0069630_21165784.jpg
神輿庫の全国から届けられた酒樽。全部は置けないので時折変えるとか。
b0069630_21170955.jpg
さて、重森三玲の作庭した3つの庭が見られます。
曲水の庭(平安風)
b0069630_21171557.jpg
上古の庭
松尾山の神蹟にちなんだ造られた徳島の吉野川の青石。
一面に丹波笹が植えられていますが近年は獣害が絶えないそうです。
b0069630_21173569.jpg
蓬莱の庭(鎌倉風)
松尾大社にまつわる亀と鯉が住んでいる池。
三玲が池の形を指示し、長男の完途がその遺志を継いで昭和50年完成。
b0069630_21175937.jpg
松尾山からの滝が清流を見せていました。
駅からわずか5分で見られる滝です。
こちらの湧水で清酒を作ったと言われています。
b0069630_21174955.jpg
手水舎の亀
b0069630_22030747.jpg
仲睦まじい鯉
b0069630_21183622.jpg
今回は大社の方が説明をして下さいましたが、お人柄が偲ばれる対応で
丁寧でツワー以外他の参拝者にも心を配り、脇勧請のお話も聞けて
実りある機会でした。
b0069630_21180813.jpg
小川の両岸には山吹が沢山植えられていますが既にお花は終わっていました。

by tosa4351 | 2018-05-20 22:13 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/28323157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< つきちゃん 飛騨高山 >>