札幌農学校第2農場
翌日は明治9年クラーク博士の大農経営構想によって北海道開拓の
模範農場として発足した施設に向かいました。
b0069630_11042733.jpg
のびやかに茂る木々の中に種牛舎・穀物庫・根菜貯蔵室(サイロ)・製乳所・
b0069630_11050697.jpg
b0069630_11073071.jpg
b0069630_15425227.jpg
b0069630_15435348.jpg





こちらでスケッチをします。
前日の鳥武意海岸のスケッチの音の環境とは違って、鳥の鳴き声はカラス。
私達を歓迎しないのか鳴いて騒々しい。
人によっては蚊に好かれるようで、途中虫よけスプレーを買いに行きました。
気にならなければ、快適なスケッチの場所と言えます。

付属施設の中には当時の耕運機が様々展示してあり、
大規模農地を耕作するにふさわしいアメリカ式の大型耕作機械が有りました。

午後からは小樽観光
b0069630_20093572.jpg
小樽は昔に来たことがありますが人波は随分様変わり。
まるで外国の町に迷いこんだようです。
b0069630_20225514.jpg

通りの古い銀行
b0069630_20103600.jpg

手宮線跡
b0069630_20101207.jpg
観光に当たる日は2日間、広大な北海道を感じるには短か過ぎました。

by tosa4351 | 2018-08-10 20:26 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://creamchan.exblog.jp/tb/28549235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 丹波焼 積丹半島 >>