2018年 02月 15日 ( 1 )
ゴッホ展
先日ゴッホ展の講演会を聞きに行った折に、
金曜土曜は午後8時まで開館の案内が有り、お勧めしますと。
その意味が良ーく解った今回のゴッホ展でした。
b0069630_17563347.jpg
ゴッホは浮世絵の収集も熱心で絵画にも多く取り入れられ、日本に憧憬が深く
人気のほどがうかがえます。
暖房を考慮してコートやバッグをロッカーに入れようとすると今までに無く満杯の状態。
運良く荷物を出す方が入って見えて荷物を収めることが出来ました。
会場も混雑していて思うように鑑賞できません。

4階の特別室にゴッホの寝室を再現した森村泰昌さんの作品が有りました。
b0069630_17570485.jpg
ゴッホは浮世絵で日本に影響され、日本の画家がゴッホの作品に影響を受けた作品
の展示もあります。
1階の南に面したガラスに吸盤が沢山くっつけられていて、暖かい日差しの中
床には円形の2つの畳敷きがあり、人々がくつろいでいました。
b0069630_17581677.jpg
帰りは河原町まで青蓮院経由で。
大楠は400数十年の大木。安井曽太郎も描いています。
b0069630_17590836.jpg
大晦日には通行できなかった八坂さんを抜けます。
観光客が着物を借りて日本の神社に足を運ぶコースに丁度の位置に八坂神社が有ります。
b0069630_17593828.jpg
冬とは言え割合暖かい日差しが有って気持ちよく歩きました。

by tosa4351 | 2018-02-15 18:29 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(0)