2018年 09月 10日 ( 1 )
長楽館
台風21号はこれまでにない強風にさらされ、
ベランダのパーティションが割れてしまいました。
被害は広範囲になったようで、すぐには修理される予定もないのでとりあえず
レジャーシートで繕っています。
2日後に北海道に大きな地震が起き、立て続けに災害に見舞われ
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
1日も早い日常が戻りますように。

京都には台風から3日後に出掛けましたが、雨もあってこれまでになく
観光客の姿が有りません。
関空が第2滑走路のみの稼働の影響もあるのでしょうか。
円山公園の枝垂れ桜の南にたばこ王と称された実業家村井吉兵衛別邸
長楽館の和室がこの夏、特別公開されています。
家紋の付いた門柱を入ります。
b0069630_19574979.jpg
玄関前の植え込みに巨大な灯籠
b0069630_20070212.jpg
1階レストラン
b0069630_19582946.jpg
2階喫煙の間入口のステンドグラス
b0069630_19584580.jpg
b0069630_19591206.jpg
各部屋のシャンデリアはバカラ製
b0069630_20002302.jpg
b0069630_20050975.jpg
b0069630_20053147.jpg
3階の和室では見学者に長楽館の説明が有ります。
三つ柏家紋をあしらった折り上げ格天井
b0069630_20024614.jpg
くりぬいた大盆に2羽の鳥
b0069630_20011850.jpg
b0069630_09433989.jpg

b0069630_20044895.jpg
b0069630_20041656.jpg
b0069630_20060915.jpg


床の間・付書院・違い棚・華頭窓などを配した格調高い和室
バカラ製のシャンデリアや金箔をふんだんに用いた襖絵など
明治42年に竣工された和洋融合の館でした。

丁度岡崎の国立近代美術館では東山魁夷展が開催されています。
今回は特に唐招提寺御影堂障壁画を再現され展示してあり
唐の国から日本に渡航を試み6度目で日本の地を踏むことが出来たが
失明した鑑真和上に見せたかった日本の海と山の障壁画が入口に再現されています。
b0069630_20071634.jpg

by tosa4351 | 2018-09-10 10:12 | 建物 | Trackback | Comments(0)