カテゴリ:食( 94 )
やまつ辻田
うどんやすき焼き、湯豆腐にグレードがぐっと上がるとっておきの香辛料があります。
冷凍室に忍ばせてありますが、いよいよ中味がわずかになってきました。
香辛料の名前は 西高野街道から 「名代柚七味」
b0069630_21104551.jpg
以前買ったお店は会員制の店舗ですでに会員証は手放してしまったので
製造元をたどって向かいました。

ナビで検索すると大阪府堺市とあって、スーパーマーケットが出てきました。
今度の車のカーナビは不安なので携帯をつなげて走ります。
普通の町から昔の立派なお屋敷が建ち並ぶ街道に導かれ、
ナビが終わって「お疲れ様」と、そう言われてもそのマーケットやらも、
香辛料の店の名前も見当たらないし狭い街道は駐車の困難な場所。
現にすぐそこで、前後の両輪が溝に納まって救助を待っている車が有りました。

目的地でここと思われるところが有って、屋敷の奥にインターフォンを見つけ
仕事場の方が販売している場所を教えてくれました。
せめて雰囲気のある全体の建物が分かる写真を撮ればよかったのですが・・・
ゲストルーム「道」でおもてなしを受けました。
まるで遠くからの親戚が来たかのような対応をされお宅を見せて頂きました。

唐辛子の絵と碾臼
b0069630_21025318.jpg
卯の花と目に青葉
b0069630_21030417.jpg
b0069630_21031524.jpg
紅葉の木の元に青々とした苔が美しい緑を放っています。
あの、首長鳥のようなのは?とお聞きすると 定期的に水を供給する管ですと。
この話にそっと登場した方が盛んに苔の手入れや庭の手入れ、家の造りの説明をしてくれます。
お話によると40年前、東の丹下健三 西の・・・増田友也?
と言われた方に設計してもらったそうで、格天井、欄間はガラスに
毬を散らした模様を入れ部屋を明るく
玄関には備前焼を敷き詰められ、天井が高く。
置かれてある卓上ランプは部屋毎に趣が有りました。
説明して下さった方はこの辻田の3代目の会長でした。

生憎の雨でしたが大きな犬小屋が南面に有ってボルゾイが在宅との事。
是非!会いたかった。雨が苦手で大人しく籠っているようでした。
b0069630_21032971.jpg
b0069630_21032362.jpg

by tosa4351 | 2018-04-25 22:15 | | Trackback | Comments(0)
もっと食べたい
かに〇〇に食事をしに行きました。
風が強く吹く日ではあるけれど、両側の窓から春のような日差しが明るく
大部屋に中央に通路を挟んで3組ずつの席があり、
真ん中の席に通されました。
歳を重ねた私達夫婦、それでなくても蟹を頂くときは寡黙になります。
平日のお昼を少し回った時間、お客様はチラホラ・・・

と、聞くとはなしに周辺の話が耳に入ってきて親子三世代
おばあちゃん・お母さん・その娘さん。
おばあちゃんは姿が見えません、他の2人の声は聞こえませんがおばあちゃんの声で

こないだ、お昼ご飯食べてお腹いっぱいになっているところに、
おじいさんが「晩御飯何にする?」やと。      
考えられへんわ! 

お腹いっぱいの丁度その時、よ~くおばあちゃんの気持ちが分かります。
向かい合って聞いている2人の反応はどうだったか・・・
お母さんはいつまで経っても食事つくりに立ち向かわなければいけません。

くりちゃんも食べる事大好き!
ごめんね、ハイ煮干し。
b0069630_18025136.jpg
        

   

by tosa4351 | 2017-03-12 14:47 | | Trackback | Comments(0)
フルーツケーキ 金平糖
もう今年もあとわずかとなってしまいました。
b0069630_19363387.jpg
年末の仕事の繁忙期に本来はバナナケーキの基本の作り方にドライフルーツを入れて
焼いたケーキを差し入れします。
前回は30個作りまして、シフトの関係で当日と次の日に渡せなかった人用に
追加を焼きました。
お疲れの合間の休憩にほっとしていただけるといいな~と。
美味しかったと言われると嬉しい。
b0069630_19304491.jpg

息子のお嫁さんが京都に金平糖の専門店で1軒ある緑寿庵清水の金平糖を
お土産に持って来てくれました。
すぅいとぽてと味、さつまいもがほのかに香る。
ゆず味、ゆずの皮のピールがコアになって、それはそれは・・美味しい。
b0069630_19310440.jpg



by tosa4351 | 2016-12-20 20:18 | | Trackback | Comments(0)
黒豆
1年があっという間に経ってしまいました。
黒豆を炊いたのがほんの昨日のよう。
と、言うのも去年作った黒豆は妙に醤油が勝っていて、今度は失敗しまいと
記憶していたから。
今年はレシピを見直して黒豆の入っていた袋の後ろに書いてあったように
炊いてみました。
b0069630_14444559.jpg

黒豆の為だけに古釘は1年待っていました。
晒しの袋に入れてまた来年用に干して仕舞います。

お正月は帰省せずに関西で迎えることになりました。
今年もこちらに遊びに来てくださってありがとうございます。
来年も幸せのいっぱいあるような良いお年でありますように。
良いお年をお迎えください。
b0069630_14474831.jpg

お寝間から失礼。
by tosa4351 | 2015-12-29 14:49 | | Trackback | Comments(2)
春の気配 文旦のピール
香りの爽やかな文旦は丸のまま皮を剥き、白い綿と実に分けておきます。
実は家族がそのまま食べやすいように。
b0069630_14385438.jpg

2個分の皮を量って半分の量の砂糖を用意し、水に浸しておきます。
夜間に真っ暗な中、台所から文旦の春の香りが漂う。
b0069630_14394414.jpg

砂糖とブランデー少々を水分がなくなるまで焦がさないように中火にかけます。
b0069630_14405432.jpg

鍋のまま一晩置いて、グラニュー糖をまぶして乾燥させる。
b0069630_14423126.jpg

ただいまのマイブームはチョコレート効果カカオ72%や86%にトライ。
丁度ピールが一緒に食べるのに美味しく頂いていています。
b0069630_14414093.jpg

by tosa4351 | 2015-03-16 14:43 | | Trackback | Comments(2)
栄養教室
友達が市の主催する栄養教室に行って、体調が改善されたと
管理栄養士直伝 ヘルシー料理教室に早速申し込んで行ってきました。
b0069630_2015272.jpg

1組5人で4組、合計20人年齢もバラバラ、リタイアとお見かけする男性3名
年齢が近い方同士で組みになっていて、メンバーの中で2名
朝食と夕食を摂ったメニューをPC に入力すると栄養のバランスを表にして、
何が不足か足りているかが判るようになっています。
ほかの組の男性の昼食にきつねうどんを食べると圧倒的に野菜不足。
ほうれん草のお浸しや、ミニトマトを補充すると良いそうです。
b0069630_20154658.jpg


ご存知のように、食事は野菜を5分かけて1口に30回よく噛む。
ゆっくり食べて腹八分目。

この日のメニューは
鯖の味噌煮
  鯖 長ネギ ピーマン 赤唐辛子
  合せ調味料  牛乳 砂糖 酒 味噌
  
 牛乳で鯖の臭みが取れて塩分控えめ。
 ネギに味がしみて美味しかったので早速家で作ってみると、鯖一匹に対して
 砂糖が大さじ2と小さじ2 味噌大さじ1と半。
 ・これでは甘すぎるから、次の時は調整しましょう。

生姜ピリッとコールスロー  
 キャベツ 塩 生姜 
 合せ調味料 砂糖 マヨネーズ 酢 塩 すりごま

 キャベツ200gに塩小さじ半弱を振って揉み10分置き絞る、すりおろした生姜8gと
 調味料を混ぜる。ミニトマトを乗せる。
 ・これは問題なく減塩と生姜が生きて美味しい。

カレーきんぴら
 牛蒡 人参 ごま油 カレー粉
 調味料 だし汁 酒 砂糖 醤油

普通のきんぴらよりカレー粉を使うことによって塩分を抑えられる。
・うちではごぼうの代わりに出盛りの蓮根を使って上手く出来ました。

ニラとパプリカのかき玉汁
 にら 赤パプリカ しいたけ 水 卵
  合せ調味料 鶏がらスープの素 塩 胡椒 
           水どき片栗粉

塩分は鶏がらスープの素だけで充分でした。

ご飯はお茶碗に女性150gだそうです。
・頭の働きにアミノ酸は必要とか、でもきっと食べきれないと判断して
普段の量ぐらいの100g にして貰って完食しました。お腹いっぱい

健康診断ではまだ安全範囲内ですが、私は遺伝的に高血圧になる要素が
あるそうでほぼ毎朝血圧を測っています。
次の日の血圧は上120台下70台。
効いているのかも・・・

いい感じなんですが、大さじ小さじなど計量するのが面倒(^^;
きっと次からは感覚で行きます。
b0069630_2017043.jpg

写真はしょうざん

お料理の写真は
by tosa4351 | 2014-09-15 20:20 | | Trackback | Comments(2)
半兵衛麩
雨の多いこの頃蒸し暑さが、今日は秋の気配のする風に変わっています。

さて、約1週間前のこと。
関西に越してきた遥か昔に友達から聞いたことのある
なかなか予約の取れない 半兵衛麩に思い立って電話をしてみると
午後2時半ならばとランチの予約が取れ、
主人の誕生日に2日遅れて行ってきました。
b0069630_1939232.jpg

こちらはこの春にも行きましたがお弁当博物館も展示してあって
江戸時代には嵐山に遊山に行った屏風が見られます。
携帯のお箸がお洒落。
b0069630_20274514.jpg

竹製のお弁当箱
b0069630_20271395.jpg

ショップのコーナーの受付。
b0069630_20303870.jpg
b0069630_20302325.jpg


お麩は小麦粉を練って出来たグルテンと言う小麦たんぱくからできています。
もち粉を練って蒸したものがなま麩。 あわ麩・ごま麩・よもぎ麩
小麦粉を練って焼いたものがやき麩。
b0069630_2047246.jpg

揚げた麩 チップス感覚
b0069630_20534723.jpg

煮浸し
b0069630_20542111.jpg

白味噌仕立て
b0069630_20542875.jpg

もう1つ有ったはずなんですが、撮り忘れました。
お麩だけでこんなに工夫してお料理されるのもすごいことだと思いました。


鴨川の京の風物詩
b0069630_214211.jpg

by tosa4351 | 2014-08-27 21:08 | | Trackback | Comments(4)
文旦のピール
2月中頃から文旦の美味しくなる時期になり、産地から取り寄せました。
転勤先で友達になった関東の方にもお届けして
逆に教えて頂いたのが分旦の皮のピールです。
b0069630_20492019.jpg

今年はバージョンアップしたとかで、文旦の皮をピラーで硬い部分を剥きます。
剥くとき、なんてことない事ですがチラシや印刷された紙を受けると
てきめん印刷のインクが取れて汚れてしまうので、牛乳パックを敷いて
剥くのがいいようです。
b0069630_20495640.jpg

カットして、鍋に入れ、2回煮こぼしをしてザルにあげてお湯を切り
鍋に戻して皮の重さの1~1・5倍の砂糖をふりかけて一晩置く。
沸騰してから焦げないように20~30分煮る。途中でリキュール(クアントロー)大さじ1を入れる。
b0069630_20494586.jpg


粗熱が取れたらグラニュー糖をまぶし、1日~2日天日干しで乾燥させる。
b0069630_20503181.jpg


いかなごのくぎ煮も同時進行。
b0069630_21103195.jpg

いかなごを釜揚げしたものはくりむはキャベツと一緒に食べています。
文旦のピールも好んで食べるわんこです。
by tosa4351 | 2014-03-15 21:14 | | Trackback | Comments(4)
バナナケーキ
b0069630_1923559.jpg

孫には間に合わなくて本当に残念。
普段はバナナを入れるケーキに黒豆も入れてみました。
ケーキ型はリング状の型に流し込むと普通の半分の時間で焼けました。

花はキリタンサス、清々しい香りがして4月まで長く咲いてくれます。
by tosa4351 | 2014-01-27 19:28 | | Trackback | Comments(0)
りんごケーキ
私の好きなブログ「ばーさんがじーさんに作る食卓」でりんごケーキ
出てきます。
紅玉があると簡単に出来て、ケーキの型に入れずにクッキングペーパー
に乗せるだけて焼けるので嬉しい簡単さ。
砂糖も少なめなのが嬉しい。
b0069630_21141394.jpg

私のオーブンは200℃だと焦げてしまうので180℃で25分で焼けます。
干しぶどうなどのドライフルーツはラム酒に入れて冷蔵庫に入れておくと
手早く用意ができます。
by tosa4351 | 2014-01-17 21:15 | | Trackback | Comments(0)