やまつ辻田
うどんやすき焼き、湯豆腐にグレードがぐっと上がるとっておきの香辛料があります。
冷凍室に忍ばせてありますが、いよいよ中味がわずかになってきました。
香辛料の名前は 西高野街道から 「名代柚七味」
b0069630_21104551.jpg
以前買ったお店は会員制の店舗ですでに会員証は手放してしまったので
製造元をたどって向かいました。

ナビで検索すると大阪府堺市とあって、スーパーマーケットが出てきました。
今度の車のカーナビは不安なので携帯をつなげて走ります。
普通の町から昔の立派なお屋敷が建ち並ぶ街道に導かれ、
ナビが終わって「お疲れ様」と、そう言われてもそのマーケットやらも、
香辛料の店の名前も見当たらないし狭い街道は駐車の困難な場所。
現にすぐそこで、前後の両輪が溝に納まって救助を待っている車が有りました。

目的地でここと思われるところが有って、屋敷の奥にインターフォンを見つけ
仕事場の方が販売している場所を教えてくれました。
せめて雰囲気のある全体の建物が分かる写真を撮ればよかったのですが・・・
ゲストルーム「道」でおもてなしを受けました。
まるで遠くからの親戚が来たかのような対応をされお宅を見せて頂きました。

唐辛子の絵と碾臼
b0069630_21025318.jpg
卯の花と目に青葉
b0069630_21030417.jpg
b0069630_21031524.jpg
紅葉の木の元に青々とした苔が美しい緑を放っています。
あの、首長鳥のようなのは?とお聞きすると 定期的に水を供給する管ですと。
この話にそっと登場した方が盛んに苔の手入れや庭の手入れ、家の造りの説明をしてくれます。
お話によると40年前、東の丹下健三 西の・・・増田友也?
と言われた方に設計してもらったそうで、格天井、欄間はガラスに
毬を散らした模様を入れ部屋を明るく
玄関には備前焼を敷き詰められ、天井が高く。
置かれてある卓上ランプは部屋毎に趣が有りました。
説明して下さった方はこの辻田の3代目の会長でした。

生憎の雨でしたが大きな犬小屋が南面に有ってボルゾイが在宅との事。
是非!会いたかった。雨が苦手で大人しく籠っているようでした。
b0069630_21032971.jpg
b0069630_21032362.jpg

# by tosa4351 | 2018-04-25 22:15 | | Trackback | Comments(0)
浜松観光
浜松の宿泊した窓から、早朝ゴルフ場の手入れをする方がいたり
朝食を頂いているとゴルフを楽しむ様子が見えました。
b0069630_21221106.jpg
浜松駅に戻って浜松市美術館に駅からバスで行きます。
新緑で包まれた美術館に明治45年の和田栄作の作品「みかんを摘む少女」
牛島憲之「新緑」小磯良平の作品や中川一政が愛蔵していたゴッホの初期の作品
があります。
b0069630_19400686.jpg
b0069630_19403710.jpg
b0069630_19404857.jpg
b0069630_19410571.jpg
次は美術館の隣の浜松城へ。
石垣は野面積み、石は奥深く間に小石で埋めてあって水はけもよく堅牢。
天守閣は市民の浄財で140年ぶりに復元されました。
徳川家康が29歳から45歳の頃
周辺諸国の名家、強大な戦国大名に囲まれ戦い生き延びて
天下取りの夢をつかんだ場所です。
b0069630_19412594.jpg
天候によっては天守閣から駿河湾の向こうに富士山が見えるそうです。
b0069630_19414278.jpg
浜松には何といっても河合楽器やヤマハの名が浮かびます。
駅近くに公立の楽器の博物館が平成7年に開館。
世界各国の楽器が展示されて、主に鍵盤楽器を見て歩きました。
古い楽器から順にヘッドホンでその時代の曲を聴けます。
丁度、旧式の鍵盤楽器で演奏をしてくれました。
b0069630_19421053.jpg
b0069630_19432149.jpg
b0069630_19434822.jpg

浜松駅前は、ゆるキャラは出世大名家康くんが立っています。
ちょんまげはウナギ、家紋はみかん、袴にピアノ楽しいアイデアてんこ盛り!
地方の個性を生かしていました。
b0069630_19420059.jpg
駅の喫茶で新幹線の発車時刻までゆっくりして
次の再会を楽しみにお別れしました。

# by tosa4351 | 2018-04-24 21:53 | あちこち | Trackback | Comments(0)
秋野不矩美術館
年に一度、関東のお友達と関西の私と中間辺りで小旅行。
今回は秋野不矩美術館に行ってみます。
昔、未だ天竜市の頃にこの美術館に18切符で行ったことが有ります。
新幹線の浜松で合流し遠州鉄道で西鹿島で下車、美術館の小高い丘には
行きはタクシーで。

藤森照信氏の設計で地元の天竜杉を使い、漆喰の壁。
ギャラリーには靴を脱いで涼やかな籐ゴザや大理石の床の部屋や明かり窓が
高い天井の一角に作られた部屋に秋野不矩さんの作品を見ることが出来ます。
作品は何とも言えない色彩の綾がいつ見ても感動します。
b0069630_21410959.jpg
b0069630_21412648.jpg
b0069630_21413149.jpg
b0069630_21414402.jpg
b0069630_21421604.jpg
b0069630_21422321.jpg
b0069630_21423242.jpg
帰りは二俣本町から天竜浜名湖鉄道に乗って気賀に向かいます。
b0069630_21433922.jpg
b0069630_21461456.jpg
b0069630_21435497.jpg
駅から龍潭寺へはタクシーで向かいたいのですが、すぐには配車出来ないとか
駅に隣接したラーメン店でお昼にしました。
麺が緑色をしているのでお茶の葉?と思ったらあおさ、駿河湾の塩味のスープでした。

井伊直虎ゆかりの寺龍潭寺は赤い躑躅で迎えてくれました。
手入れの行き届いた庭は小堀遠州作。
新緑が美しい。
b0069630_21442510.jpg
b0069630_21445384.jpg
b0069630_21443736.jpg
b0069630_21450297.jpg
b0069630_21451676.jpg
井伊谷宮
b0069630_21453472.jpg
天浜線ではフルーツパークの駅でどっと近隣のお国からの観光客が乗って来て
賑やかになりました。
二人でお話に花が咲いて下車駅を何とか乗り過ごさずにセーフ状態(^^;
b0069630_21462975.jpg
車窓の景色を楽しみながら浜名湖ぐるりの電車旅でした。
b0069630_21165658.jpg

# by tosa4351 | 2018-04-23 21:19 | あちこち | Trackback | Comments(0)
お誕生日とわんこ達
今年の背割りの桜にも沢山のワンちゃんが家族と一緒に来ていました。

b0069630_21341414.jpg
b0069630_21342160.jpg
b0069630_21344288.jpg



うちの子も来ましたよ。

今日はくりむが元気なら15歳になる誕生日。
よくうちの子になってくれて幸せをいっぱいありがとう。
ちょっと花冷えのこんな日にはきっと私の膝の上。

見かけたわんこ達も幸せの種を日々蒔いていることでしょう。

# by tosa4351 | 2018-04-11 21:56 | わんこ | Trackback | Comments(0)
京都府立植物園
植物園の球根ガーデンにはムスカリやチューリップが鮮やかな色彩を見せています。
b0069630_18013716.jpg
北山門入口から右手には桜品種見本園。
八重桜 関山
b0069630_18030652.jpg

カスミザクラ
b0069630_18042806.jpg
ウコン
b0069630_18034153.jpg
福禄寿
b0069630_18040759.jpg
琴平
b0069630_18032257.jpg
椿園
b0069630_18022459.jpg
なからぎの森
b0069630_18023895.jpg
池の周りには3羽のアオサギがいて時折大きな羽を見せてくれます。
b0069630_18052928.jpg
大芝生地に紅枝垂れ
b0069630_18272296.jpg
b0069630_18282350.jpg
花蘇芳
b0069630_18283114.jpg
比叡山が見えています。
b0069630_18285420.jpg
b0069630_18291245.jpg
桜は終わりかけていますがいつも何かしらお花が咲いていて植物園は良いですね。
植物園の西側の賀茂川堤に枝垂れ桜の小道 なからぎの道
b0069630_18292055.jpg
河川敷に高校生が民謡を聞かせてくれました。
b0069630_18293228.jpg
帰りに乗った阪急電車は四季の絵が永田萌さんの絵でラッピングされています。
秋の絵の車両に乗っていたようです。
b0069630_18294244.jpg

# by tosa4351 | 2018-04-09 18:38 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)